使う意味はあるの?女性用育毛剤の効果とは?

育毛剤は発毛剤と違って、医学的に髪の毛が生えてくるとは認められていません。

 

あくまで育毛が期待できる、といった状態なのです。

 

こちらでは女性用育毛剤の効果の真実について迫ってみます。

 

女性用育毛剤を使ってみたいけど、効果について懐疑的に思っている方には必見のテーマです。

 

 

■育毛剤に期待できる効果とは?

 

・頭皮の血行を促進させる
・頭皮環境を改善させる
・女性ホルモンのバランスを整える

 

基本的に上記の3つの効果をもたらそうとするものです。

 

3つの効果すべてをもたらそうとする育毛剤もあれば、中には2つの効果しかもたらさないもの、1つの効果しかもたらさないものもあります。

 

問題は、それらの効果が育毛、強いては発毛につながってくるのか、といったところです。

 

個人差があるので非常に難しいところですが、「髪の毛が生えてくる可能性は十分にある」といった結論が導き出せます。

 

その理由についてお話ししていきますね。

 

 

■育毛剤では薄毛の原因に対処できる!

 

・頭皮の血行促進作用がもたらす育毛効果

 

薄毛の原因の一つに、男女共通のものとして血行不良があります。

 

血液には髪の毛を生やすための栄養素がたっぷりと含まれているわけです。

 

しかし、血圧が高くなってしまったり、ストレス過多になってしまうなどの原因で、血管が収縮してしまっているケースも多いわけです。

 

その結果、髪の毛に栄養が送られにくくなり、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

 

育毛剤によって頭皮の血行が良くなれば、髪の毛に栄養が送られるようになります。

 

その結果、薄毛が回復することになるのです。

 

血行促進作用が薄毛に良い効果をもたらすことは明らかにされています。

 

たとえば、発毛医薬成分にミノキシジルがあります。

 

ミノキシジルには発毛効果が認められているわけですが、血管を拡張する作用があるのです。

 

仮に、育毛剤に含まれる血行促進作用でも血管が拡張できるとなれば、ミノキシジルと同じような効果が得られると考えられますよね。

 

 

・頭皮環境の改善作用がもたらす育毛効果

 

髪の毛が成長するためには、効率的に栄養が毛母細胞に送られる必要があります。

 

しかし、頭皮トラブルが起こって、炎症が起こってしまうと、その炎症に栄養が送られてしまうのです。

 

髪の毛に送られるべき栄養が取られてしまいます。

 

育毛剤には抗炎症作用や殺菌作用、さらに保湿作用があります。

 

頭皮環境を改善させられるのです。

 

頭皮が育毛剤によって状態が良くなれば、髪の毛に送られるべき栄養がしっかりと届くようになります。

 

 

・女性ホルモンのバランス調整作用と育毛効果

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、髪の毛の成長期が短くなります。

 

抜け毛が増えてしまうような状況にもなりかねません。

 

育毛剤の成分によってホルモンバランスが改善すれば、当然、育毛効果が得られるわけです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓