女性の薄毛の原因|女性ホルモンの影響を受けやすい頭皮

女性の薄毛の原因は頭皮にあるとされます。

 

その頭皮に影響しているのが女性ホルモンなのです。

 

こちらでは、女性ホルモンと女性の薄毛の関係性について解説します。

 

女性ホルモンがどんな状態になると、頭皮にどのような影響があり、薄毛につながってしまうのでしょうか。

 

 

■女性に薄毛をもたらしてしまう女性ホルモンの状態とは?

 

・女性ホルモンが少なくなってしまう

 

女性に薄毛をもたらす女性ホルモンですが、通常よりも少なくなってしまう状態です。

 

女性ホルモンが少なくなってしまう原因は様々ですが、ホルモン量はいつも一定ではありません。

 

日々増減を繰り返しているのです。

 

何らかの原因で、女性ホルモンが著しく少なくなってしまうと、薄毛化の症状が現れ始めてしまいます。

 

 

・女性ホルモンが少なくなる原因とは?

 

わかりやすいのが出産後と更年期障害です。

 

妊娠中は非常に女性ホルモンが高まっている状態です。

 

子供を生むために、女性ホルモンが活発に分泌されるわけです。

 

しかし、子供を出産してしまえば、その女性ホルモンは不必要になります。

 

そこで一気に低減してしまうのです。

 

その落差で髪の毛が一時的に脱毛します。

 

更年期障害は、閉経を迎える準備となります。

 

閉経を迎えると、女性ホルモンが分泌されにくくなります。

 

いままでのホルモンバランスが乱れることになり身体に変性をきたすわけですが、髪の毛にも大きな影響をあたえるわけです。

 

他にもストレスが大きい時にはホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが低減する、といった症状が現れます。

 

 

■女性ホルモンが減ると頭皮はどうなってしまうのか?

 

・健康的な肌から不健康な肌へ

 

女性ホルモンですが、女性の肌を美しく保つ能力があるわけです。

 

きめ細やかな肌を生成してくれます。

 

男性の肌と女性の肌は明らかに違うわけですが、そこには女性ホルモンが大きく関わっています。

 

女性ホルモンが減ってしまうと、いままでお肌を美しく保っていた機能がなくなってしまいます。

 

頭皮の肌荒れが起きやすくなることを意味しているのです。

 

頭皮トラブルが増えれば、当然髪の毛にも悪影響をもたらすことになります。

 

 

■女性ホルモンの減少が薄毛を招く理由

 

・頭皮の肌荒れ
・髪の毛の成長期間を短くする

 

以上の二つの作用があるからこそ、薄毛になってしまうのです。

 

肌荒れについては、炎症をおこすと、髪の毛の養分がその炎症に取り込まれてしまいます。

 

女性ホルモンには髪の毛のサイクルの成長期を引き延ばす作用があります。

 

女性ホルモンが少なくなれば、当然成長期間が短くなり、薄毛の症状が出てきてしまうわけです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓