妊娠中でも使用できるのが女性用育毛剤の大きな特徴!

女性用育毛剤を妊娠中に利用したい、なんて方も多いです。

 

出産後には産後脱毛といったものが女性は起きてしまう確率が非常に高いわけです。

 

産後脱毛を予防するためにも、妊娠中に育毛剤を使って対処したい、といった方が増えています。

 

こちらでは妊娠中の育毛剤の利用に問題はないのか、といったことを徹底解説します。

 

また、妊娠中に抜け毛が増える原因についても言及します。

 

 

■妊娠中の育毛剤の利用は全く問題なし!

 

・ホルモンに悪影響は与えないので利用しても問題なし

 

仮に女性用育毛剤が女性ホルモンに何らかの影響をあたえるのだとしたら、利用はお勧めできません。

 

妊娠中のお子さんに、何らかの影響が出てしまうことも考えられるからです。

 

しかし、女性用育毛剤はあくまで頭皮に塗布するものです。

 

ですから、体内にまで強い影響をあたえることは基本的に考えられません。

 

女性用育毛剤の目的ですが、基本的に頭皮環境を改善して髪の毛が生えやすい状態にする、といったものです。

 

ですから、ホルモン作用がないのは当然といったら当然です。

 

仮に、ホルモンに作用する成分が含まれていたとしても、ホルモンバランスを整えるタイプの作用となっているので、大きな心配はありませんよ。

 

 

■妊娠中になぜか抜け毛が増加|その理由とは?

 

・まれに妊娠中に抜け毛が増えることがある

 

基本的に妊娠中は抜け毛が少なくなります。

 

女性ホルモンが活性化することで、髪の毛の成長期が普段より長くなるのです。

 

その結果、本来であれば脱毛する時期に該当しているのに、そのまま髪の毛が生え続けます。

 

髪の毛が増えた、といった感覚を得られることもあるのです。

 

一方で、妊娠中であるにもかかわらず、抜け毛が増えてしまうケースもなくはありません。

 

その結果、妊娠中であったとしても女性用育毛剤を利用したい、と思うわけです。

 

妊娠中の抜け毛ですが、原因の一つには栄養不足があります。

 

「胎児に栄養が奪われてしまう」

 

赤ちゃんを成長させなければならないので、栄養がどんどんと胎児に送られることになります。

 

本来であれば髪の毛に利用されるべき栄養であったとしてもお構いなしです。

 

もともと小食である方は、この原因が元で妊娠中に薄毛になってしまう確率がアップします。

 

急に大食いになることは出来ないと思うので、サプリメントなどで栄養を補給しましょう。

 

もう一つの原因があります。

 

「ホルモンバランスの乱れ」

 

妊娠中はプロゲステロンといった女性ホルモンが活性化します。

 

そのおかげで、他の性ホルモンとのバランスが崩れてしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れは身体にバランス自体を崩してしまうことになり、薄毛になる確率も当然アップします。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓