生まれつき髪の毛が細く量も少ないと将来は薄毛になるの?

髪の毛の状態には個人差もあります。

 

髪質的に細い人もいれば、剛毛といった方も少なくありません。

 

そこで考えてしまうのが、髪の毛が細い人は将来薄毛になるのか、といったことです。

 

こちらでは、生まれつきの髪質と薄毛の関係性について解説します。

 

 

■生まれつきの髪質は将来の薄毛には関係しない!

 

・髪の毛が細くても薄毛にはならない
・髪の毛の量が少なかったとしても薄毛になるとは限らない

 

まずは髪の毛の量ですが、実は欧米人とアジア人では欧米字のほうが多いのです。

 

12万本や13万本あると言われています。

 

一方で、日本人は10万本弱しかありません。

 

しかし、日本人と欧米人の頭髪を比較すると、日本人の薄毛のほうが圧倒的に少ない、といった結果も出ているのです(アデランスの調査結果より)。

 

ですから、髪の毛の量が少ないからといって将来確実に薄毛になる、といったことはありません。

 

髪の毛の質ですが、大人になってから変化した場合には、何らかの悪い影響などが出ている可能性があります。

 

細くなった場合は薄毛の前兆かもしれません。

 

しかし、子供の時から髪の毛が細い、といった状態であれば、将来薄毛になることが決まったわけではありません。

 

生まれつきそれほど太くない、といった方もいるのです。

 

女性の中にもわずかながらに男性ホルモンがありますが、そのホルモン量の差によっても髪の毛の太さが変化してきます。

 

男性ホルモンが多いと太くなり、少ないと細くなる、といった状況を生むのです。

 

生まれつきの髪の毛の細さや量の少なさに関してはそれほど気にすることはない、といったことは覚えておきましょう。

 

 

■急に髪の毛が細くなったらどうすればよいのか?

 

・血行促進対策を実施すべき

 

女性の薄毛の場合は、栄養が髪の毛に行き届いていないのが原因になっているケースが多いです。

 

食事をしっかりと摂る、といったことも重要です。

 

さらに血行を高める、といったことも行うべきなのです。

 

血行を高めるためには様々な方法がありますが、たとえば運動をする、といったこともおすすめです。

 

身体を動かすことで血管の拡張ができるのです。

 

他にも、育毛剤を利用する、といった方法もあります。

 

育毛剤を利用すれば、頭皮の薄い部分だけに影響をあたえることも可能です。

 

また、頭皮環境を改善させる作用のある成分を頭皮に塗布することも出来るのです。

 

頭皮マッサージも良い効果をもたらしてくれます。

 

育毛剤を塗布したついでに頭皮マッサージを行いましょう。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓