シャンプー後はドライヤーと自然乾燥どっちが髪にいいの?

シャンプーを利用した後は、どのように対処しているでしょうか。

 

・自然乾燥のまま
・タオルドライをしているだけ
・ドライヤーを利用している

 

といったことが考えられると思います。

 

こちらでは、育毛のためには自然乾燥のままがいいのか、それともドライヤーのほうが良いのか、といったことをお教えします。

 

 

■シャンプー後はドライヤーでしっかりと乾かすべし

 

・自然乾燥は薄毛に原因になる!

 

ドライヤーは薄毛を促進させてしまう、といった印象があるかもしれません。

 

確かに、ドライヤーの熱風に関しては頭皮を傷つけてしまう可能性がすくなからずあります。

 

しかし、自然乾燥もまた、大きなデメリットを持っているのです。

 

自然乾燥の場合は、長時間頭皮と髪の毛が濡れたままの状態になってしまいます。

 

その湿気をエサとして菌が大量繁殖してしまうのです。

 

頭皮に菌が沢山発生してしまうと、頭皮は影響を強く受けてしまい炎症を引き起こしてしまうことも考えられます。

 

頭皮ニキビが良く出来ている方はシャンプー後の乾燥がしっかりとされていないこともあるのです。

 

特に、オイリー肌な方は、普段から菌が多い状態です。

 

であるにもかかわらずシャンプー後に乾燥させていなければ、余計に菌が繁殖しまくってしまいます。

 

頭皮については非常にきつい状態となってしまうので、ドライヤーを活用してください。

 

確かにドライヤーにもデメリットは有ります。

 

しかし、使い方をしっかりと守れば頭皮の状態を維持したままで、しっかりと乾燥させることも出来るのです。

 

 

■シャンプー後のドライヤーのうまい使い方とは?

 

・まずはタオルドライをしっかりと行う

 

ドライヤーをする前の状態が大事です。

 

ドライヤーはお肌を痛める原因になるので、利用時間はなるべく短くしなければなりません。

 

そこで、タオルで髪の毛の水分をある程度なくしておくのです。

 

そうすることで、ドライヤーの使用時間が大幅に短縮できます。

 

 

・ドライヤーは頭皮から一定距離は離すこと

 

頭皮から20センチから30センチほど離してください。

 

熱風が直接頭皮に当たるような状態で利用してしまうと、頭皮の乾燥が促進されてしまうのです。

 

ある程度距離を離しても髪の毛はある程度は乾くので安心してください。

 

 

・夏であれば扇風機を使うのもおすすめ

 

熱風は髪の毛にも悪い影響を与えてしまうことがあるので、夏などの季節によっては扇風機を有効活用するのもおすすめです。

 

扇風機であれば常温なので頭皮にも影響が少ないです。

 

水分もある程度飛ぶので、ある程度乾かしたらドライヤーから扇風機に切り替える、といったことも考えておきましょう。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓