40代女性の本気の薄毛対策@育毛剤で抜け毛を食い止めよう

女性は40代になると一気に薄毛が進行してしまうことがあります。

 

20代や30代の薄毛とは訳が違います。

 

髪の毛が全体的に細くなってしまい、地肌が露出してしまう、といったこともありえるのです。

 

男性のように一気に薄くなってしまうわけではありませんが、かなり目立ってしまうことも少なくありません。

 

こちらでは40代が取るべき薄毛の対策方法についてお話します。

 

その前に、まずはなぜ40代の薄毛が厄介なのか、といったことから解説しますね。

 

 

■40代の女性の薄毛が怖い理由

 

・ホルモンが大きく関わっているから

 

40代の女性に起こることといえば、更年期がありますよね。

 

45歳から55歳位にかけて起こるケースが多いものですが、閉経を向かえるにあたり、一気に女性ホルモンが減ってしまうのです。

 

女性ホルモンが減ってしまうことにより、身体に様々な症状が現れます。

 

急な火照りといった、ホットフラッシュと呼ばれる症状が出てしまうこともありえるのです。

 

髪の毛も、もちろん女性ホルモンが大きく関わっています。

 

女性ホルモンが髪の毛を生やしている、といったことあるのです。

 

女性ホルモンが少なくなってしまえば、その分だけ髪の毛が生えにくい状況になりかねません。

 

20代や30代であっても女性ホルモンは一時的に減ってしまうことがありますが、元通りになることもあります。

 

しかし、更年期を迎えると、もう復活することはありません。

 

ホルモン剤を注射しないかぎりは、女性ホルモンはなくなる一方なのです。だからこそ、40代の女性の薄毛は治りにくいです。

 

 

■40代の女性はどんな薄毛対策をすればよいのか?

 

・育毛剤を有効活用しよう

 

女性用育毛剤があります。これが非常に大きな効果を発揮してくれます。

 

ホルモンにまで良い作用を与えることは出来ませんが、髪の毛が生えやすい状態にしてくれます。

 

特に注目して欲しいのが、女性に発症しやすい薄毛の症状である「びまん性脱毛症」に効果的、といったことです。

 

びまん性脱毛症は、血行不良によって引き起こされる薄毛症の一つです。

 

女子ホルモンには血行を高める、といった作用があるのですが、更年期障害でその作用がなくなってしまいます。

 

そこで育毛剤を有効活用するのです。

 

育毛剤であれば、血行を高める成分が基本的に含まれています。

 

血行が高まれば、太い髪の毛が増えてくる可能性もあるのです。

 

他にも頭皮環境を整える、といった機能もあるので、総合的な育毛対策として育毛剤が利用できます。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓