白髪染めが薄毛・抜け毛の原因に!どんなケアを心掛けるべき?

40代以降になると、どうしても白髪が増え始めてしまうのです。

 

そこで白髪対策を実行する必要が出てきます。

 

いわゆる白髪染めを利用しますよね。

 

白髪のままと染めているのでは、見た目年齢的に大きな差が出てきてしまうものです。

 

一方で、白髪染めには薄毛の原因となってしまうこともあります。

 

こちらでは、白髪染めと薄毛の関係性、さらにどのようなケアをすればよいのか、といったお話をします。

 

 

■白髪染めの溶剤が頭皮を危険にさらしてしまう

 

・炎症などを引き起こす可能性大

 

白髪染めに利用されている溶剤ですが、非常に刺激が強いのです。

 

頭皮についてしまうと、炎症を引き起こしてしまったり、ひどい場合にはアレルギー症状が出てしまうこともあるのです。

 

白髪染めによる炎症ですが、頭皮に受胎な損傷を与えることになります。

 

炎症が起きると、どうにかしようと頭皮の栄養分がその皮膚に集まるのです。

 

その中には、本来、髪の毛に送られるべき栄養素もあります。

 

髪の毛に送られるべき栄養が送られないようになってしまえば、髪の毛の成長が当然阻害されてしまいます。

 

髪の毛が細くなってしまうこともありますし、長く成長できなくなってしまったり、脱毛してしまう、といった可能性もすくなからずあるのです。

 

しかも、白髪染めは定期的に行われますよね。

 

そのたびに頭皮の疾患が起こることになるので、薄毛のままの状態が維持され続けてしまいます。

 

 

■白髪染めによる頭皮への影響を取り除くためにはどうしたら良いのか?

 

・頭皮には溶剤がつかないようにする

 

頭皮についてしまうからこそ問題となってしまうのです。

 

ですから、白髪染めが頭皮につかないように対処してください。

 

根本まで染められないのは難点ですが、薄毛になってしまうよりはマシです。

 

薄毛になってしまえば、染める髪の毛がなくなってしまうわけですからね。

 

 

・白髪染めの間隔を開けること

 

2週間に1回白髪を染めている、といった方もいるかもしれません。

 

それだけ短期間で白髪染めを行ってしまうと、頭皮が回復する暇がありません。

 

再び強い刺激にさらされてしまい、肌荒れの状態がずっと維持され続けてしまうのです。

 

白髪染めの感覚ですが、少なくても1ヶ月程度は開けてください。

 

根本の白さが目立ってしまうかもしれませんが、育毛のためには重要な事です。

 

 

・ヘナなどを代用する

 

ヘナは髪の毛を染める力がありますが、天然素材なのでお肌に悪い影響はないとされています。

 

白髪染めからヘナなどに切り替える、といったことも考えておくべきです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓