睡眠不足が薄毛の原因かも@どの時間帯に睡眠を取るべき?

薄毛と大きく関わっているのが睡眠不足です。

 

特に女性も夜更かししているケースが多く、その影響で薄毛になっていることもあるのです。

 

こちらではなぜ寝不足が薄毛を引き起こしてしまうのか、さらに、おすすめできる睡眠時間帯はあるのか、といったことをお話します。

 

 

■睡眠不足と薄毛の関係性

 

・寝不足により髪の毛の栄養が少なくなってしまう

 

睡眠不足の最大の問題点はストレスです。

 

我々は起きている時にどんどんとストレスが溜まっていきます。

 

脳が働くことでストレスが貯まりますし、緊張などをすると溜まっていくのです。

 

そのストレスは、血行を収縮させる作用があることが分かっています。

 

要は、高血圧の状態を作り出してしまいます。

 

ストレスが高い状態が続いてしまうと、髪の毛に送られる栄養が少なくなってしまうのです。

 

そもそも、髪の毛を作っている毛母細胞に栄養を送り込んでいるのは血液です。

 

高血圧は毛細血管に血液が送られにくい状態になってしまうので、薄毛の主原因になってしまうことも考えられます。

 

人間はストレスを寝ることで解消しているのです。

 

寝ると脳がリラックスすることになります。

 

その時にストレスは解消されていくことになるので、寝る、といった行為は育毛にも直接関係する、といっても過言ではありません。

 

短時間睡眠しか取っていない、といった方も実際にかなり多いと思います。

 

そんな方は、1日辺り6時間から7時間程度の睡眠時間は確保してください。

 

4時間くらいしか寝ていないとストレスの解消には至らないものです。

 

 

■髪の毛によって寝ていると良い時間帯とは?

 

・午後10時から午前2時の4時間に注目

 

髪の毛の成長には、成長ホルモンといったものが大きく関わっていることが分かっています。

 

成長ホルモンがしっかりと分泌されることで、髪の毛が成長できるのです。

 

しかし、その成長ホルモンが多く分泌されやすい時間帯とされにくい時間帯があることが分かっています。

 

実は、午後10時から午前2時までの4時間は成長ホルモンが分泌されやすい、とされている時間帯なのです。

 

その時間帯にしっかりと寝ていることで、髪の毛の成長が促進されると考えられています。

 

ただ、午後10時に眠る、といったことは難しいかもしれません。

 

仕事が終わって帰ってきたら午後9時や10時といった女性も多いでしょう。

 

そんな方は、なるべくその日の内に眠る、といったことを心がけてください。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓