50代で薄毛になるのは仕方ない?更年期の抜け毛・薄毛対策

50代になると、女性の多くが薄毛に悩み始めます。

 

その証拠に、中高年の女性向けのテレビ番組の広告の多くでウィッグなどのカツラを見かけませんか。

 

要は、それだけ悩んでいる方が多い、といった証拠なのです。

 

こちらでは更年期障害による女性の薄毛について徹底解説します。

 

どのように対処すれば、50代でも薄毛は改善するのでしょうか。

 

 

■更年期障害の薄毛は長期的な対策が必要

 

・育毛の強い味方の女性ホルモンのサポートが受けられない

 

50代の女性の薄毛が治りにくい理由として注目して欲しいのが、女性ホルモンの圧倒的な減少です。

 

40代前半まではまだ女性ホルモンによって髪の毛の成長がサポートされているのですが、40代なかばから更年期に入ります。

 

その結果、女性ホルモンが一気に少なくなってしまうのです。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長を手助けする力があり、さらに血行を高める力もあります。

 

髪の毛に良い作用があるのですが、50代ともなるとそのサポートはほとんど受けられません。

 

だからこそ、50代の女性の薄毛は厄介なのです。

 

しかし、諦める必要はありません。いくつかの対策方法があります。

 

 

■ホルモンバランスを維持すること

 

・ホルモンバランスを維持できれば髪の毛が復活する可能性はある

 

20代や30代の時のような元気な髪の毛を得るのは難しいです。

 

しかし、ホルモンバランスがある程度維持できるようになれば、抜け毛が増える、といった状態は避けられるようになります。

 

一定のバランスが取れるようになります。

 

問題は、どうすればホルモンのバランスが取れるのか、といったことですよね。

 

・ストレスを溜め込まない
・暴飲暴食をしない
・過度なダイエットをしない
・定期的に運動をする

 

以上のことを心がけてください。

 

生活習慣を立て直すことで、ある程度のホルモンバランスを維持できるようになるのです。

 

一方で、それらと逆の行動をしてしまえば、当然ホルモンバランスが乱れてしまうことになります。

 

注意してください。

 

 

■育毛剤を利用すること

 

・血行を高めることが出来る

 

50代の女性は高血圧の症状が出始めてしまう時期でもあります。

 

そもそも、今までは女性ホルモンの影響で血行が促進されていました。

 

その結果、血圧も低い状態を維持できていたのです。

 

しかし、ホルモンの後ろ盾もなくなってしまい、ついには血行が悪くなってしまうのです。

 

育毛剤を利用すれば、その悪化してしまった血行を回復することが出来ます。

 

頭皮環境も整えられるなど、プラスの作用が非常に大きく出てくるので育毛剤対策がおすすめです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓