白髪も薄毛も目立つ時カラーするなら何色が目立たなくできる?

白髪に悩んでおり、しかも薄毛である、といった場合には、少しでもカモフラージュする方法を考えると思います。

 

その時におすすめなのが、何色に染めるのか、といったことです。

 

実は髪の毛ですが、薄毛が目立つ色合いと、薄毛が目立ちにくい色合いがあります。

 

それらを理解して、実際に染める時に実践することで、ずいぶんと印象も変わってくるのです。

 

こちらでは、薄毛をカモフラージュしやすい色合いについて徹底解説しまず。

 

 

■こんな方法もある!白髪のままだと薄毛は目立ちにくい!

 

・頭皮の色と白髪の色は似ている!

 

男性であればいいかもしれませんが、女性には少しきついかもしれません。

 

実は、白髪の方は、白髪のまま、といったほうが薄毛は目立ちにくい、といった真実があるのです。

 

なぜ黒髪の人の薄毛は目立つのでしょうか。

 

それは、頭皮が目立ってしまうからです。

 

頭皮は基本的に白っぽい色合いをしています。

 

一方で、髪の毛は黒いですよね。

 

薄くなると白い地肌が目立ってきてしまうのです。

 

だからこそ黒髪は薄毛の方にとってはあまり相性の良い色合いとはいえません。

 

一方で注目して欲しいのが、白髪の色と頭皮の色です。

 

両方とも白いですよね。

 

だからこそ、白髪のままだと薄毛は圧倒的に目立ちにくくなります。

 

男性の場合はそのまま染めない、といった方法も良いかもしれません。

 

しかし、女性であれば、やはり若く見られたい、といったこともあると思います。

 

 

■明るい栗色

 

・明るい色にすることで薄毛も白髪も目立ちにくくなる

 

明るい色合いにすると、地肌も目立ちにくくなるので、薄毛が気にならなくなります。

 

白髪に関しても明るい髪色にすることで目立ちにくくなります。

 

問題はどのような明るい色にするのか、といったことです。

 

究極的なことを話してしまえば、金髪にすれば薄毛は目立ちにくくなります。

 

男性ですが、所ジョージさんは髪の毛が薄いですが金髪にしてカモフラージュしていますよね。

 

他にも小堺一機さんも金髪にして薄毛を目立ちにくくしています。

 

ただ、いきなり金髪にする、というのは年齢のこともあるので難しいでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、明るい栗色なのです。

 

栗色であれば一般的な色合いですよね。

 

ただ、ダークな栗色にしてしまうと、どうしても薄毛が目立ってしまいます。

 

だからこそ明るいタイプを選択してください。

 

ただ、髪色に関しては似合う似合わないがあります。

 

いきなり明るい色にしすぎないで、段階を踏んで明るくしていくのがおすすめですよ。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓