40代50代に似合う若く見える髪型とロングヘアが少ない理由

40代や50代になると、若い時と髪の毛の量も髪の毛の質もだいぶ変わってきます。

 

だからこそ、髪型で悩んでしまうのです。

 

こちらでは40代や50代でも若く見える髪型をお教えします。

 

さらに40代50代になるとロングヘアが少なくいなる理由についてもお話しますね。
髪の毛の量を増やしたい方はコチラ→女性用育毛剤ランキング

 

■40代50代でも若く見える髪型とは?

 

・ボブヘアやセミロングの長さて中央部にボリュームを持たせる

 

髪の毛についてはあまり長くしないほうが賢明です。

 

比較的短めのほうが年齢的に若く見える、といった特徴があります。

 

髪の毛を長くしてもよいのですが、髪の毛の質によっては若く見えない、といったことも考えられます。

 

ロングヘアはする人を選ぶ髪型、といっても過言ではありません。

 

ボブヘアやセミロングの髪の長さであれば、多くの女性にマッチングします。

 

する人を選ばない髪の毛の長さ、といったことが言えるでしょうか。

 

中央部分、要は前髪から頭頂部にかけての髪の毛のボリュームを出す、といったことが重要です。

 

前髪から頭頂部にかけて髪の毛のボリュームがないと、とたんに年齢を感じさせてしまうこともあるのです。

 

髪の毛の分け目を少し変更して、わざとボリュームを出すような感じもおすすめですよ。

 

中央部にボリュームが出てくると、年齢もかなり若くみえるようになります。

 

薄毛を気にする年代に突入しているのが40代や50代です。

 

それらの年令になった場合には、似合う髪型を模索しましょう。

 

 

■40代や50代になるとロングヘアが少なくなる!その理由とは?

 

・髪の毛の質が圧倒的に悪くなる

 

40代や50代になってしまうと、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまいます。

 

その結果、薄毛が発症してしまうのです。

 

髪の毛が細くなってしまったり、長く成長しない、といった状態になります。

 

ロングヘアであったとしても、黒黒としていたり太くてツヤがあれば若く見せることは出来ます。

 

しかし、パサパサしたような髪質であれば、どうしても薄く見えてしまうものです。

 

ロングヘアにするにはかなり勇気がいることなので、自分の髪質と相談してくださいね。

 

ちなみに、ロングヘアが少なくなる理由としてホルモンも大きく関わっています。

 

更年期になると、女性ホルモンがどうしても少なくなります。

 

女性ホルモンには髪の毛の成長期を伸ばす、といった作用があるのです。

 

しかし、女性ホルモンが少なくなるので、成長期がどうしても短くなってしまいます。

 

その結果、ロングヘアだと髪の毛の長さが維持しにくくなってしまうのです。


 

 

注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓