整髪料を使う女性ってハゲやすいの?理由と対策

整髪料を毎日のように利用している、という方もいるでしょう。

 

髪型をバッチリと決めたい方は、整髪料をかなり多めに利用するものです。

 

ただ、整髪料をたくさん利用している方は薄毛になりやすいイメージが有ることも確かです。

 

こちらでは、整髪料と薄毛の関係性に迫ります。

 

実際に、薄毛になってしまうことはあるのでしょうか。

 

それとも薄毛と整髪料には関係はないのでしょうか。

 

 

■整髪料には僅かに薄毛になるリスクを増大させる可能性あり

 

・頭皮に整髪料がつかないように気をつけること

 

整髪料は髪の毛に使うものであって、頭皮に使うものではありません。

 

仮に頭皮についてしまうようなことがあると、皮膚に影響を与えてしまうことがあります。

 

もちろん整髪料には危険性のある物質が含まれているわけではありません。

 

しかし、頭皮に関しては非常にデリケートでもあるのです。

 

整髪料の成分に反応してしまって、赤みが発生したり、痒みが発生したり、フケが発生したり、といった事例もあります。

 

整髪料を使ってはいけないとは言いませんが、頭皮につかないように気をつけてください。

 

髪の毛だけにつけるようにする、といったことができれば特に大きな問題にはなりませんが注意はすべきなのです。

 

 

・整髪料が毛穴をコーティングしてしまう可能性あり

 

整髪料をべっとりと頭皮に塗ってしまった場合には、毛穴におおきな問題が生じる可能性があります。

 

頭皮ニキビができやすくなってしまうのです。

 

頭皮ニキビの原因ですが、毛穴に皮脂が詰まってしまうことによって起こるケースが多いのです。

 

毛穴にアクネ菌が多く繁殖してしまい、結果としてニキビとなってしまうのです。

 

頭皮にニキビが出来てしまうと、健康的な髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

 

炎症などが起きてしまい、その部位の修復に栄養が使われる状態になってしまいます。

 

ニキビが出来てしまった周辺の髪の毛には、栄養が送られにくくなってしまいます。

 

髪の毛が細くなってしまったり、成長がストップして脱毛したりしてしまうことまで考えられるのです。

 

育毛には頭皮環境を良くする、といったことが必須ですよ。

 

 

・ただし、整髪料は薄毛の根本原因になる可能性は少ない

 

薄毛の根本原因は基本的に体内にあることが多いのです。

 

たとえば、血行不良になってしまい、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまう、といったものがあります。

 

ホルモンの関係で、髪の毛の成長が阻害されてしまうこともあります。

 

基本的に整髪料によって血行不良になってしまう、といったことも考えにくいです。

 

ホルモンに対しても影響をあたえることはありえません。

 

整髪料には僅かにリスクが有りますが、それほど問題のあるものではない、といった評価が正しいです。

 

もちろん、薄毛のリスクを少しでも減らしたい、と考えているのであれば整髪料の利用はやめましょう。

 

頭皮環境の向上を目指すべきです。

 

 

■整髪料を利用するなら育毛剤も併用しよう

 

・整髪料のリスクを下げてくれる育毛剤

 

整髪料の問題としては、頭皮環境の悪化があります。

 

そのリスクを少しでも低減できるものがあればよいわけです。

 

整髪料のリスクを引き下げる効果が期待できるものに育毛剤があります。

 

育毛剤には、血行を促進して新陳代謝を高める機能があります。

 

抗炎症機能があり、頭皮の赤みを抑える機能があります。

 

頭皮に潤いを与えて、フケを抑制させる効果も期待できるのです。

 

育毛座を日常に利用しておけば、仮に整髪料が多少皮膚についてしまったとしても大きな問題は生じないと考えられます。

 

育毛剤と整髪料を併用していく、といったことも検討しましょう。

 

 

■整髪料を利用するときの注意点

 

・必ず整髪料を洗い流してから眠りにつくこと

 

整髪料が頭皮についた状態のまま寝てしまうのはかなり危険です。

 

寝ている間に、頭皮に菌が大量発生してお肌のトラブルを引き起こしてしまうかもしれないのです。

 

寝る前にシャンプーをして頭皮をすっきりさせた状態で眠りについて下さい。

 

整髪料に関してはかなり頑固に頭皮や髪の毛にくっついていることもあります。

 

水程度では落ちません。

 

ぬるま湯とシャンプーを利用して落とすのがおすすめですよ。

 

シャンプー後のすすぎも忘れないで下さい。

 

シャンプー剤が頭皮についたままになってしまうのも大きなリスクなのです。

 

すすぎの時間はシャンプー時間の2倍は必要、といった話もあるほどです。

 

 

■危険なタイプの整髪料はあるのか?

 

・ムースは危険度が高い

 

ムースは頭皮につきやすい、といったデメリットが有ります。

 

髪の毛だけに利用する、といったことがしにくいので、危険だと持ったら他のタイプの整髪料を利用すべきです。

 

 

・ヘアワックスは危険度が高い

 

ヘアワックスに関しては、強力に固めたりするような機能が強くなっています。

 

合成界面活性剤も多く使われている傾向にあり、頭皮についてしまった時のリスクが高いのであまりおすすめはできません。

 

使う場合にはなるべく毛先のみに利用する、といった対策方法がおすすめです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓