髪の毛の太さの均一性と血流と抜け毛の深い関係

髪の毛の太さ、というものに注目しなければなりません。

 

髪の毛は一定の太さとなっており、基本的には均一性があるのです。

 

しかし、髪の毛の中には細いものもあります。

 

産毛のような細さのものもあるわけですが、実はそういった毛が多くなると薄毛が近づいてきているサイン、となります。

 

こちらでは、血流と抜け毛の関係性から髪の毛の太さについて徹底解説します。

 

細い髪の毛がよく抜けるようになった、といった事を感じている方は必見です。

 

 

■髪の毛の太さの変化は何を表しているのか

 

幾つかの原因が考えられるので、その中でも幾つかの代表的な例を紹介します。

 

・血行不良が起こっている

 

髪の毛は血液によって毛母細胞に栄養が送られて作られています。

 

血行が良ければ、太い髪の毛が生えてきます。

 

問題は、血行不良になってしまった時です。

 

髪の毛を作るための栄養が足りない状態になってしまいます。

 

その結果、少ない栄養で髪の毛が生えてくることになるので細い状態になってしまうわけです。

 

コシのない状態であり、髪の毛をセットするにも時間がかかってしまいます。

 

血行不良は薄毛にも直結しており、早急に対策をたてなければなりません。

 

ただし、血行不良には様々な原因が隠れていることもあり、しかも体の内部が原因になっていることもあります。

 

そう簡単に改善するものではないので、しっかりと対策をたてなければなりません。

 

 

・ホルモンバランスが乱れている

 

ストレスなどによって自律神経が乱れてしまうと、ホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

ホルモンに関しては、髪の毛の成長期かにも大きく関わっており、仮に乱れてしまうと髪の毛の成長が阻害されてしまうことがあるのです。

 

特に女性に関しては、女性ホルモンによって髪の毛が生やされている、といった側面もあります。

 

出産直後や更年期障害といった時期には、女性ホルモンが一気に減るので、髪の毛の細くなることもあります。

 

ホルモンバランスを整えるのは難しいですが、ストレス解消や食生活などの生活習慣を整える、といったことで改善する場合もありますよ。

 

 

・男性型脱毛症の発症

 

女性には関係しないのですが、髪の毛の太さを一番変えてしまう可能性のあるものでもあります。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」が結合してできる「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって引き起こされてしまいます。

 

ジヒドロテストステロンは髪の毛を作っている毛母細胞に対して、髪の毛の生成をしにくくしてしまうのです。

 

影響を受けた毛母細胞は、太い髪の毛が作れなくなります。

 

最終的には産毛しか生えてこなくなり、完全に頭皮が露出してしまいます。

 

注目して欲しいのが、前頭部から頭頂部にかけてのみジヒドロテストステロンの影響を受ける、というところです。

 

側頭部から後頭部にかけてはジヒドロテストステロンの影響を受けないので、太い髪の毛のままなのです。

 

 

■女性の髪の毛の太さの変化は血行不良が大きく関わっている|その対処法とは?

 

・頭皮マッサージと育毛剤の併用がおすすめ

 

頭皮マッサージに関しては、頭皮を押すことによって血行を促進させる作用があります。

 

頭皮を押す時には、指の腹を使うことを忘れないで下さい。

 

爪を立ててしまうと、頭皮を痛めてしまう可能性も出てきてしまうのです。

 

また、頭皮マッサージを実施すると気には手をしっかりと洗う、といったことも実践すべきです。

 

手が汚れたままマッサージをすると、菌が頭皮についてしまい、頭皮トラブルを起こしてしまいかねません。

 

頭皮マッサージではなく育毛剤も併用する、というところが特に注目です。

 

頭皮マッサージの効果はそれほど長くは続きません。

 

一方で、育毛剤に関しては数時間ほど効果を維持してくれるのです。

 

女性用育毛剤の多くにも、血行を促進させる効果のある成分が含まれています。

 

【育毛剤に含まれている事が多い血行促進系の成分例】

 

・センブリエキス
・トウガラシチンキ
・ニンジンエキス
・ハッカエキス
・クララエキス
・ビタミンE(酢酸トコフェロール)
・センキョウエキス
・ショウキョウチンキなど

 

血行促進成分は常識タモの以外にもたくさんあります。

 

一つの育毛剤に複数の血行促進成分が含まれていることも珍しくはありません。

 

髪の毛の太さに均一性がなくなってしまった場合には、積極的に育毛剤を活用しましょう。

 

 

・リアップジェンヌは利用すべき?

 

有効成分の「ミノキシジル」には血管を拡張する作用があるので、血行促進作用があることは確かです。

 

髪の毛を太くすることが出来る成分です。

 

しかし、ミノキシジルは医薬成分であり、大きな問題をはらんでいることを把握しておくべきです。

 

副作用が出てしまう確率が高いのです。

 

リアップジェンヌに関しても、多くの方の頭皮に問題を起こしているのです。

 

頭皮環境が悪化したら育毛とは逆効果となってしまうので、利用は十分に気をつけるべきです。

 

副作用が怖い方は、安全性の高い育毛剤を選択して下さい。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓