美容師にヘアカラーをしてもらわないとハゲる理由

髪の毛のカラーリングを行っている方は特に女性に多いです。

 

黒い髪の毛のままだと、重い感じがでてしまうんですよね。

 

そこで少し色を明るくしている、という方が非常に多くなっているわけです。

 

実はそのカラーリングに薄毛のリスクが隠れていました。

 

家で自分でヘアカラーをしている、という方もかなり多いのではありませんか。

 

実はその自分で行うヘアカラーにおおきな問題がありました。

 

美容師にヘアカラーを行ってもらうほうがリスクは少ないのです。

 

こちらではヘアカラーと薄毛の関係性に迫ります。

 

そしてなぜ美容師にヘアカラーをしてもらったほうが良い結果が得られるのか、といったことについてもお話します。

 

 

■ヘアカラーは薄毛を促進させてしまう可能性あり

 

・頭皮が荒れてしまう

 

ヘアカラーの溶剤は髪の毛につけるものです。

 

しかし、どうしても頭皮についてしまいますよね。

 

ヘアカラーを行った後に、頭皮が痒くなってしまった経験はありませんか。

 

赤くかぶれてしまった経験はありませんか。

 

実はヘアカラーの溶剤は非常に刺激が強くなっているのです。

 

頭皮に触れてしまうとアレルギーを起こしてしまうこともあるので、注意して利用しなければ薄毛になる確率を高めるだけになってしまいます。

 

頭皮が荒れてしまうと、髪の毛は健やかに成長しなくなってしまいます。

 

健康的な頭皮に健康的な髪の毛が生えてくるわけです。

 

ヘアカラー剤はその根本を崩してしまう可能性があるので、使い方には気をつけるべきです。

 

 

・ブリーチなら平気なの?

 

ブリーチもハゲる確率をアップさせてしまうので良いとはいえません。

 

ブリーチに関しては髪の毛の色を抜く、といった事を行います。

 

髪の毛の色を抜くことで茶色や金色にするわけです。

 

ブリーチのほうが髪の毛は綺麗に染めることができるので重宝している方も少なくありません。

 

ブリーチに関しては、頭皮だけではなく髪の毛自体も痛めてしまうのです。

 

色を抜くほどの強力な力を持っている溶剤を使っているわけです。

 

髪の毛を傷めないわけがありません。

 

髪の毛が傷んでしまえば、切れ毛が発生してしまうかもしれません。

 

髪の毛の腰もなくなります。

 

確かに髪の毛は生えているのですが、元気が無い状態なので薄毛に見えてしまうことがあります。

 

ヘアカラーだけでなく、ブリーチにも十分に気をつけなければなりません。

 

 

・ヘアマニキュアなら良いんじゃないの?

 

ヘアマニキュアにも薄毛のリスクが有ります。

 

ヘアマニキュアとは、毛の表面に色素を沈着させることによって髪の毛に色を付けます。

 

髪の毛の中には影響を与えないので、髪の毛自体には悪い影響を与えません。

 

しかし、頭皮についてしまうリスクは一緒なのです。

 

ヘアマニキュアが頭皮についてしまえば、湿疹やかぶれ等が発生する可能性があるので、使い方には気をつけなければなりません。

 

 

■ヘアカラーは美容師さんに行ってもらうほうが安全!

 

・どうしてもヘアカラーをしたい場合には美容院で行ってもらうべし

 

自分でヘアカラーを行おうとすると、見えない部分も出てきます。

 

手元が狂って、髪の毛につけるはずが頭皮にべっとりとつけてしまう、といった可能性もあるわけです。

 

一方で、美容師さんに行ってもらえば、確実に髪の毛だけにつけてもらえます。

 

ヘアカラー剤が頭皮についてしまう、といったリスクを大幅に減らせるメリットが有ります。

 

ただし、大きな問題として料金の問題があります。

 

自分で行う場合には、数百円で出来るわけです。

 

しかし、美容院で美容師の方に染めてもらうとなると、かなり高額の費用がかかってしまいます。

 

定期的にヘアカラーを行おうとすると家計を圧迫しかねません。

 

薄毛のリスクを取るか、経済を取るか、といったことで頭を悩ませてしまうのです。

 

ただし、一旦薄毛になってしまえばその対処にもお金がかかります。

 

ウィッグを利用することになれば、年間で数十万円かかってしまいます。

 

ウィッグにかかる費用を考えれば、カラーリングを美容室で行う、といったことは安いものではありませんか。

 

ヘアカラーの代金も美容室によって異なっているので、事前に比較してから決める、といったこともおすすめですよ。

 

 

■ヘナなら問題なし

 

・安全な染料|ヘナについて

 

ヘナというものを知っているでしょうか。

 

刺青にも利用されているものですが、髪の毛を染めることが出来る自然系のものなのです。

 

ヘナについては、タンパク質である髪の毛に色を付着させるだけのものです。

 

さらに、アルカリ性を含んでいないので、髪の毛や頭皮を痛めることがありません。

 

極めて安全性が高い、といったメリットを持っているのです。

 

ただし、ヘナに関しては、短期間で色が抜けてしまうので、定期的に利用しなければなりません。

 

また、色がつくまでに時間がかかるので、1時間から2時間程度放置しなければならない、といったデメリットも有るので利用時には注意してくださいね。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓