女性の薄毛、抜け毛の特徴を把握して正しい育毛ケアをしよう

男性の薄毛は遺伝や男性ホルモンの分泌に影響を受けることが多いと言われています。

 

では、女性の抜け毛の主な原因にはどんなものがあるのでしょうか。

 

一つ目に挙げられるのが、偏った食事や極端なダイエットによる栄養不足です。

 

単品ダイエットなどを繰り返すことで、20代の女性でも薄毛になってしまうことがあると言われています。

 

無理なダイエットはリバウンドを起こしやすく痩せにくい体になってしまうだけではなく、体調まで崩してしまいます。

 

特にダイエット中はミネラルが不足しがちです。

 

ダイエットをするなら、タンパク質の他に、亜鉛、鉄分などのミネラルをバランスよく含んだ食事を適量とりながら、適度な運動をプラスしましょう。

 

良質なたんぱく質は卵、鶏肉、牛乳などに含まれています。

 

また、髪にいいと言われる海藻類はミネラルが豊富です。

 

偏食は避け、いろいろな食品をバランスよく摂ることも育毛ケアをする上で大切なポイントです。

 

 

二番目に挙げられるのが、ストレスや冷え、運動不足などによる血行不良です。

 

手足が冷たくて、冬は靴下をはかないと眠れないという方、いませんか?このような女性は全身の血行が滞っていると考えられます。

 

肩こりや首の痛みが慢性化しているという方も、要注意です。

 

頭皮まで血行が行きわたらなくなっているかもしれません。

 

頭皮は体の中でも手足と同様、末端に位置している上、体の一番高い位置にある分、血流が届きにくい部分でもあります。

 

頭皮を触ってみて、痛みを感じたら頭皮の血行が悪くなっている証拠です。

 

育毛剤を使ってマッサージするなどして、血行を改善しましょう。

 

センブリエキスをはじめとする血管拡張効果のある育毛剤を使うとよいでしょう。

 

 

そして、40代以降の女性に起こりやすいのが、更年期の前後から起こるホルモンバランスの乱れによる薄毛の症状です。

 

女性はもともと男性ホルモンが少ないため、男性のような抜け毛になることはありませんが、毛髪全体が細くなりボリュームがなくなるのが、この世代に見られる薄毛の特徴です。

 

このような薄毛は育毛剤でのケアの他に女性ホルモンと似たはたらきをする成分を配合したサプリメントなどを併用してもいいでしょう。

 

最近は女性用の育毛シャンプーや育毛剤でも、イソフラボンを配合した製品が登場しています。

 

また、40代以降になると、顔や体の肌と同様、頭皮も乾燥しはじめます。

 

シャンプーは2日に1度程度にとどめ、カラーリングやパーマもあまり頻繁に行わないようにしましょう。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓