女性の薄毛にも影響する?男性ホルモンが招く薄毛とは

 

女性にとって豊かな髪や美しさや若々しさの象徴でもあります。

 

その分、抜け毛や薄毛の症状に悩まされると女性としての自身を失って、精神的に動揺してしまう人も多いようです。

 

生活習慣や食生活の乱れによる薄毛は比較的短時間で改善されると言われていますが、改善に時間がかかる症状もあります。

 

それが男性ホルモンの影響による薄毛です。

 

 

 

女性なのに男性ホルモンの影響を受けるの?と考える方もいるかもしれませんね。

 

しかし、健康な女性でも卵巣や副腎で男性ホルモンは分泌されているのです。

 

その量は男性の10分の1程度と言われていますが、ストレスや不規則な生活などにより、自律神経が乱れて男性ホルモンの一種であるテストステロンが過剰になることがあります。

 

これは最近、よく聞く女性が男性化する症状の一種です。

 

現代の日本では女性も男性並みに仕事をしている人が増えています。

 

しかし、女性が快適に働く環境は必ずしも整っているとは言えません。

 

 

プライベートと仕事を両立させるのが難しく、仕事に集中するのが難しいのに、責任はどんどん増えていく…。

 

そんな働き方が女性の男性化を招いているのです。

 

いわゆる大人ニキビと言われる症状も男性ホルモンの影響によるものです。

 

アゴや首回りなど、男性でいうヒゲの生える部分にできるニキビは

 

男性ホルモンの影響を受けていると考えてよいでしょう。

 

また、脱毛の原因となる男性ホルモンは頭髪が薄くなるのに、体毛は濃くなるという現象を引き起こすため、顔の産毛や体毛が濃くなることもあります。

 

これでは女性らしさも半減してしまいますよね?

 

 

 

20代や30代でこうした症状が気になる場合、生理不順や深刻なニキビなどを併発することがあります。

 

このような場合は育毛ケアを考えるよりも先に婦人科の診察を受けるようにしましょう。

 

女性の男性化によって起こる症状の中で、一番深刻なのが、薄毛です。

 

この女性に起こるAGA(男性型脱毛症)は若い世代よりも30代以降の女性に多いと言われています。

 

またストレスや生活習慣に乱れだけではなく、閉経後女性ホルモンの分泌が低下することで薄毛になってしまうことも多いのです。

 

女性の場合、後頭部から薄くなり、全体的にボリュームが減るのが特徴です。

 

40代後半、更年期障害の症状と合わせて薄毛が起こる場合もあります。

 

気になる症状があれば、婦人科の診察を受けるのもよいでしょう。

 

 

また最近は女性用の育毛剤でもオウゴンエキスやフラボステロンなど、安全性が高い男性ホルモン抑制効果成分を配合しているものもあります。

 

閉経後の薄毛に悩んでいる方は、こうした育毛剤をためしてみてもよいのではないでしょうか。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓