女性用育毛剤の種類ってなに?成分ごとの分類を徹底解説!

 

女性用育毛剤を使いたいけど種類が沢山あってどれを選んだらよいか分からないよ!という人が多いのでは?

 

ということで、効果が出そうな育毛剤は沢山あるけど、なにが違うのか分からない、という人のために、女性用育毛剤の種類を徹底的に解説します。

 

これを読んだら、育毛剤選びも取っても簡単になりますよ。

 

 

 

1、効果別育毛剤の分類
まずは効果によって育毛剤を分けてみました。

 

 

@ 頭皮の血行促進、新陳代謝の活発化効果がある育毛剤

 

ほとんどの薄毛に悩む女性が抱えている症状が、頭皮の血行不良と新陳代謝の低下です。

 

頭皮の血行が悪くなると髪の毛に栄養を届けることができませんので、髪の毛が抜けたり生えなくなったりするのは当然。

 

だから、育毛剤を選ぶ時は、まず血行を促進する効果がある成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

 

 

A 女性ホルモンやそれに似た成分を含む育毛剤

 

女性の抜け毛、薄毛のうち、女性ホルモンの分泌低下が原因と思われる人の場合は、女性ホルモンを含む育毛剤が効果的です。

 

ただし、本物の女性ホルモンを含む育毛剤は医師からの処方を受けなければ安全性が確保できません。

 

市販されている、女性ホルモンに似た働きをする植物成分を含んでいる製品であれば安心して使用することができます。

 

女性ホルモンに働きかけるので、効果は比較的早く現れます。

 

 

B 保湿成分を多く含む育毛剤

 

女性の薄毛、抜け毛に多いのが頭皮の乾燥です。

 

頭皮が乾燥して油分や水分が少なくなると紫外線や大気汚染物質などから頭皮を守るバリアがなくなってしまいます。

 

バリアを失った頭皮は紫外線などの有害物質の影響を直接受けてしまいますので、抜け毛や薄毛を引き起こします。

 

特に、「きれいに洗っているのにかゆみを感じる」と言う人は頭皮が乾燥している可能性が高いので、保湿をメインにうたっている育毛剤を使うとよいでしょう。

 

 

 

2、名称による分類

 

女性用育毛剤には、大きく分けて医薬品医薬部外品化粧品の3つの種類があります。

 

医薬品は高い効果が期待できる分副作用の心配もあります。

 

医師の処方がなければ購入できないものも、薬局で購入できるものもあります。

 

医薬部外品は、医師の処方がなくても購入できますが、比較的効果が高く副作用が低い成分が含まれています。

 

多くの育毛剤が医薬部外品です。

 

化粧品の育毛剤は、医薬品、医薬部外品ほどの効果は期待できませんがその分副作用はありませんので、長い間使い続けることができます。

 

保湿成分がメインのものが良い、という人は化粧品の育毛剤を使うとよいでしょう。

 





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓