きちんとケアすれば改善可能!30代の薄毛、抜け毛の原因

最近、20代や30代の女性でも抜け毛や薄毛に悩んでクリニックに通う人が増えていると言われています。

 

女性の多くが更年期障害の始まる年齢になると、抜け毛が増え始めると言われていることは皆さんもご存知でしょう。

 

しかし、30代までの抜け毛は加齢が原因で起きているわけではありません。

 

では、なぜ若い世代に抜け毛で悩む女性が増えているのでしょうか。

 

【若い世代に多い、過剰なダイエットによる抜け毛】

 

20代の頃と違って、ダイエットをしても徐々に体重が落ちにくくなる30代。

 

極端な食事制限をして栄養が偏ると抜け毛を引き起こすことに。

 

髪そのものが細くなる、伸びにくくなる、パサパサになってツヤがなくなって抜け毛が増える…

 

そんな症状に襲われることもあるのだそう。

 

毛髪や爪といった生命の維持に関わりのない部分にはもともと食事から摂った栄養が行き届きにくいと言われています。

 

ダイエットによって食事量が極端に減ると、体は髪や爪などに栄養を回せなくなってしまうのです。

 

ダイエット中でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどをしっかり摂るようにすること。

 

また炭水化物を完全に抜くのもNGです。

 

【ストレス、感じていませんか?】

 

30代は女性の中でも仕事にやりがいを感じることが多くなる世代。

 

同時にストレスも感じやすくなります。

 

ストレスは自律神経に影響を与え、ホルモンバランスの乱れを招きます。

 

すると毛髪のヘアサイクルが乱れて、髪の毛が完全に成長し切るまえに抜け落ちてしまうのです。

 

ストレスは自分で自覚できるものとできないものがあります。

 

抜け毛が増えたなと感じたら、日ごろ頑張りすぎていないか、無理していないか立ち止まって考えてみましょう。

 

とはいえ、ストレスを完全になくすのは難しいもの。

 

どんなことでもいいので、ストレスを完全に忘れられる時間を持つようにしましょう。

 

時には自分を甘やかしてあげることも大切ですよ!万が一、円形脱毛症のような症状が現れたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

【カラーリングやパーマはほどほどに】

 

今どきの30代の女性のなかには20代のころから習慣的にカラーリングをしているという人も多いのではないでしょうか。

 

パーマやカラーリング剤に含まれるアルカリ性の成分は髪だけではなく、頭皮にもダメージを与えて健康な毛髪が作られにくい状態にしてしまいます。

 

どうしてもカラーリングやパーマをかけたい!という方は少なくとも2か月以上の間隔を空けること。

 

また、できるだけプロの手に任せて頭皮に負担がかからないようにすることも大切です。


 

注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓