加齢だけじゃなく、ストレスも!40代の薄毛、抜け毛の原因

女性の40代はそれまで続けてきた生活習慣や食事、お手入れによって、見た目年齢に差が出始める世代です。

 

年齢不詳の美魔女が増えていることからも分かるように、きちんとお手入れをしている人は年齢よりも若く、そうでない人は一気に老け込んでしまうのが40代。

 

髪の毛も同様です。

 

見た目がパサパサでボリュームもなくなっている人もいれば、ツヤツヤの髪をキープしている人も。

 

ここで40にで起こりやすい薄毛・抜け毛の原因について考えてみましょう。

 

【ストレスを感じやすい40代の抜け毛とは】

 

40代は仕事や家庭、人間関係のストレスに悩まされる人が多い世代です。

 

それに加えてお子さんがいる方や仕事を持っている方はなかなか自分のための時間が取れず、ストレスを解消する暇がない…という人も多いのではないでしょうか。

 

40代になると徐々に女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が低下しはじめます。

 

エストロゲンが低下すると、まず髪が伸び続ける成長期が短くなります。

 

しっかりと太く長い髪に成長する前に髪が抜けやすくなってしまうため、抜け毛も増えるのです。

 

また同時に休止期と呼ばれる、髪が生え変わる前の段階が長くなるため、髪の量自体が減り、全体的にボリュームが減ってしまうのです。

 

このようにもともと加齢現象のひとつとして女性ホルモンが減り始めるのが40代です。

 

それにストレスが加わると自律神経が乱れて、さらにホルモンバランスが崩れることに。

 

こうして忍び寄る加齢のスピードに拍車をかけてしまうのです。

 

【ストレスが血行に与える影響とは】

 

ストレスが与える抜け毛の影響はこれだけではありません。

 

人間の体はストレスにさらされると、緊張したような状態になります。

 

すると血管が収縮して、血行が低下してします。

 

ストレスを感じると肩こりや首の痛み、頭痛を感じるのはこのせいだと考えられるのです。

 

また血行が低下すると、食事から摂った栄養が十分に吸収できなくなります。

 

特に髪や爪といった末端は生命活動に支障がない部分なので、栄養が行きわたりにくいのです。

 

さらに血行が悪くなると、頭皮にもコリを感じるようになります。

 

すると頭皮環境が乱れて健康な髪が作られにくい状態になってしまうのです。

 

強いストレスを感じたら、体の緊張がほぐして血行を促進するようにしましょう。

 

と言っても、ストレスそのものの軽減は一朝一夕にはできませんよね。

 

そこでオススメしたいのが、血行を良くするためのアプローチをすることです。

 

不思議なことに血管が拡張して血行が促進されると、ストレスも軽減するのです。

 

お風呂や軽い運動で汗をかいた後、ぱっと気分が明るくなったことはありませんか?

 

これは血行が改善したことによる変化なのです。

 

食事バランスや十分な睡眠、規則正しい生活なども大切ですが、抜け毛が気になりはじめたら、

 

まずは頭皮マッサージをしたり、お風呂にゆっくりつかるなどして血行を促進させるのも効果的と言えるでしょう。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓