男性の薄毛とはメカニズムが違う?女性ホルモンと抜け毛の関係

女性でも男性と同じように社会で活躍している人が多い現代。

 

そのせいもあってか、かつては男性特有の悩みと思われてきた抜け毛や薄毛の治療をする人が増えているのだそうです。

 

女性の場合、50代後半くらいから60代以降になると髪のボリュームが減って薄毛になる人が多いようですが、

 

その原因は男性の薄毛とは違って、女性ホルモンの影響で起こることがほとんどです。

 

ここで、女性ホルモンと抜け毛の関係について詳しく説明しましょう。

 

 

【女性ホルモンの減少によって起こる抜け毛とは】

 

30代後半から40代にかけて白髪が増えてきたなと思ったら、最近、髪のボリュームまで減ってきた…。

 

そんな風に感じたら、女性ホルモンの減少が始まっているのかもしれません。

 

女性ホルモンには毛髪の成長期を伸ばすはたらきがあります。

 

成長期とは毛髪が伸び続ける期間のこと。

 

出産後、髪の毛が大量に抜けて驚いた経験のある方は多いと思いますが、これは妊娠中に増えた女性ホルモンが毛髪の成長期を延ばして抜けにくい状態にするから。

 

出産後、髪が一気に抜けるような感覚を覚えるのは女性ホルモンの量が減少して、通常の量に戻るためなのです。

 

女性の場合、一般的に45歳を過ぎたころから徐々に女性ホルモンの分泌が減り始めます。

 

すると、毛髪の成長期が短くなり、髪が抜けやすくなってしまうのです。

 

また、女性ホルモンは髪の太さを維持するはたらきもあるため、同時に髪のコシがなくなったり、全体的にボリュームダウンしたような感じになってしまいます。

 

男性の薄毛は頭頂部や前頭部など、部分的であることが多いのですが、女性の場合、全体的に髪が薄くなるためお手入れをしないと一気に見た目年齢が上がって、老けて見られることに。

 

なんだかボリュームが減ってきたな…と感じたら、早めにお手入れを始めるようにしましょう。

 

 

【加齢だけが原因じゃない!女性ホルモンの減少】

 

最近では若い女性でも抜け毛の悩みで通院している人が増えているのだそうです。これはなぜでしょうか。

 

女性ホルモンが減少する原因は加齢の他にもあります。

 

ストレスや偏った食事、不規則な生活、喫煙、冷え…。

 

このような誰にでも起こりうる生活スタイルによってホルモンバランスは簡単に崩れてしまうのです。

 

また女性が社会進出したことも原因のひとつと考えられています。

 

女性が男性並みのストレスを感じるようになり、そのことで男性ホルモンが優勢になって抜け毛が増えたり、体毛が濃くなることも。

 

また、無理なダイエットによってホルモンバランスを崩して女性ホルモンが減少し、抜け毛が増える…という若い女性も増えているのだとか。

 

何歳になっても髪は女性の命。

 

薄毛が気になりはじめたら、生活習慣の乱れやストレスの軽減、食事の改善なども心がけて体の中から抜け毛を防ぐようにしましょう。


女性ホルモンがカギ@エストロゲンが減少すると薄毛になる

女性の薄毛の原因のメインは「女性ホルモンの減少」です。

 

いわゆる、「エストロゲン」といったものが減ることによって、女性は薄毛が促進されてしまうのです。

 

もちろん年齢とともに減るものですが、生活習慣の影響で減ってしまうことも十分に考えられます。

 

こちらでは、女性ホルモンが減るとなぜ薄毛になってしまうのか、女性ホルモンはどのような生活習慣で減ってしまうのか、といったことをお話します。

 

 

■女性ホルモンが減ることによって薄毛を発症するメカニズム

 

・髪の毛の成長期間が短くなってしまう

 

エストロゲンには素晴らしい効果があります。

 

実は、「髪の毛の成長期感を長くする」といった効果があるのです。

 

エストロゲンの髪の毛への効果は、多くの方が実感していると思います。

 

妊娠している期間に髪の毛が多くなった、といったことを感じたことはありませんか。

 

妊娠中は髪の毛が増える、といった事が起きるのです。

 

その理由は、女性ホルモンのエストロゲンが過多の状態になるからです。

 

そもそも、エストロゲンには髪の毛の成長期間を伸ばす作用があります。

 

その結果、妊娠中は抜けるべき髪の毛まで成長期間が伸びで生え続けることになります。

 

その結果、髪の毛が増えたように感じるのです。

 

ちなみに出産後は一気に脱毛しますよね。

 

それは出産したことにより必要なくなったエストロゲンが急激に減ったからです。

 

もう理解してもらえたと思いますが、女性ホルモンが減ると、髪の毛の成長期間が短くなってしまいます。

 

その結果、現状で生えている髪の毛が少なくなり、薄毛が進行してしまうのです。

 

これが女性ホルモンが原因の薄毛のメカニズムです。

 

 

■女性ホルモンが減少する生活習慣とは?

 

・睡眠不足

 

寝る時間が少ないと女性ホルモンが減ってしまうことがあります。

 

ホルモンにとって大敵なのが、ストレスです。

 

ホルモンバランスを見だしてしまう原因といっても過言ではありません。

 

ストレスは、基本的に睡眠によって解消されるシステムとなっています。

 

ですから、寝る時間が短い方は基本的にストレスが溜まってしまうのです。

 

必ず睡眠時間を確保する、といった状態にしてください。

 

 

・食べ過ぎてしまっている

 

暴飲暴食でもホルモンバランスを乱すことがあります。

 

肥満にもホルモンの状態を乱してしまう原因があるので気をつけなければなりません。

 

※食べ過ぎとは逆ですが、ダイエットによってホルモンバランスが乱れることがあるので、過度な食事制限は厳禁です。




注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓