女性のための薄毛ケア・素朴な疑問 男性用育毛剤を女性が使ってもいいのか?

抜け毛が増えた、髪のボリュームが気になるといった具体的な悩みはないけれど、

 

そろそろ真剣に頭皮ケアを始めたい…と思ったとき、多くの女性が考えるのが「男性用の育毛剤を使っても大丈夫?」という疑問です。

 

ドラッグストアなどでチェックしても育毛剤は男性向けのものが圧倒的に多いですよね。

 

しかし、男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違います。

 

そのため、女性の皆さんは女性用の育毛剤を使った方がより効果を実感しやすいということができるのです。

 

女性用の育毛剤と男性用の育毛剤の違いを詳しく考えてみましょう。

 

 

【女性の薄毛の原因にアプローチする成分とは】

 

市販の育毛剤には血行促進成分や保湿成分、殺菌成分などのほかに女性ホルモンと似たはたらきをするイソフラボンが配合されているものもあります。

 

これは、女性の薄毛が更年期障害をはじめとする加齢現象によって女性ホルモンの分泌が低下することによって起こるからです。

 

さらに女性の場合、日常的にスタイリングをする上に白髪染めやパーマをかけることもあり、頭皮がダメージを受けやすいので、保湿成分なども刺激の少ないものが選ばれています。

 

これに対して男性用の育毛剤はAGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモンを抑制する成分が含まれているものもあります。

 

男性の方が皮脂の分泌が多く、肌も丈夫であるため、皮脂を分解する成分や殺菌剤などが含まれていることも多いのです。

 

こうした育毛剤を女性が使ってもあまり効果は実感できないと言えるでしょう。

 

また男性用の育毛剤というと、メントールのような清涼感のある使い心地のものがほとんどで使うのに抵抗があるという方もいますよね。

 

女性用は低刺激で香りもリラックスできるようなタイプが多いので、男性っぽい香りが嫌という方でも抵抗なく使えるはずです。

 

 

【医薬品として認められている成分は女性専用のものを】

 

育毛剤に用いられる成分で医薬品として効果が認められているのはミノキシジル、フィナステリドの2つがあります。

 

ミノキシジルは血管を拡張して薄毛を改善するもの。

 

日本で販売されているミノキシジルを配合した育毛剤は男性用と女性用が分かれています。

 

詳しく内容をチェックしてみると、女性用の方はミノキシジルの配合量が1%にとどまっているのに対し、男性用は1%のもの、5%ものと配合量が分かれています。

 

ミノキシジルは妊娠、授乳中は使用できません。

 

男性と女性は体の構造も違っており、ミノキシジル5%配合の育毛剤は女性を対象とした臨床試験が行われていないため、体に与える影響もはっきり分かっていません。

 

ミノキシジルを使用するときは、女性用のアイテムを選ぶようにしましょう。

 

また男性型脱毛症の内服薬であるフィナステリドは女性が服用することはできません。

 

特に妊娠中や授乳中の女性はフィナステリド錠に触れるのもNGです。

 

医薬品として認められている成分は効果が高いからだけではなく、副作用の危険もあるので、使用上の注意を守って使うようにしなければなりません。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓