早めにケアを始めたい!ハリのない髪に育毛剤が必要な理由

30代後半になると、朝、スタイリングをするときに以前よりも時間がかかるように感じたことはあります。

 

これは徐々に髪のハリが失われているからかもしれません。

 

抜け毛自体はそれほど多くない場合でも、育毛剤を使うことでハリのある髪が取り戻せるということをご存知ですか?

 

 

【ハリやコシがなくなる原因いろいろ】

 

以前よりも髪のハリやコシが低下して、ヘアスタイルを整えるのに時間がかかるようになる理由はいくつかあります。

 

なかでも一番、影響が大きいのは加齢による女性ホルモンの低下でしょう。

 

女性ホルモンは髪の成長を促すはたらきを持っています。

 

30代後半から女性ホルモンの分泌が徐々に低下すると、頭髪の成長期が短くなり、髪がしっかりと太く成長する前に抜けてしまいます。

 

また、成長のスピードそのものも低下するため、髪のコシがなくなったように感じるのです。

 

女性ホルモンの分泌が低下する理由は加齢だけではありません。

 

人間の体はストレスを受けることで、すぐに自律神経が乱れ、ホルモンバランスを乱してしまいます。

 

加齢が気になる年頃になったら、より意識してストレスを解消するようにしたいものです。

 

頭皮の血行不良も髪のハリを低下させます。

 

ストレスや喫煙、運動不足や冷えなどによって全身の血行が低下すると、頭皮の血行も低下します。

 

すると、髪を作り出している毛母細胞に栄養がうまく届けられなくなり、健康な髪が作られにくくなってしまうのです。

 

肩コリや首のコリが日常的になっているという方は要注意。

 

意識して体を動かしたり、温かいお風呂に浸かるなどして、コリをほぐすようにしましょう。

 

 

【髪がうねる原因、知っていますか?】

 

ストレートヘアの人の中にはアラフォー世代になるとヘアアイロンなどを使わないと髪がまっすぐにならない!と嘆いている方も多いと思います。

 

これはハリや腰の低下とともに、髪のうねり始めるのが原因です。

 

加齢によって頭皮がたるんでくると、頭髪が生えてくる毛穴の形がゆがみ、髪がまっすぐに生えることができなくなります。

 

うねりのある髪はでこぼこしていてダメージを受けやすく、まっすぐな髪に比べるとハリやコシもありません。

 

高齢の女性がショートカットにしたり、パーマをかけていることが多いのはこうした髪のうねりが原因であることが多いようです。

 

 

【原因に合わせた育毛剤を使って、髪のハリを取り戻そう!】

 

髪のハリが低下するのは、いってみれば薄毛や抜け毛の前ぶれ。

 

この段階で育毛剤を使って適切なケアをすれば、髪のハリを取り戻すことができるだけではなく、将来的な薄毛を防ぐことができます。

 

冷えや肩のコリが気になる方は、血行促進成分が配合された育毛剤を、40代後半から50代以降で女性ホルモンが減少しているかも…?と感じる方はイソフラボンが配合されている育毛剤などを選んで、定期的な頭皮ケアを続けるようにしましょう。

 

頭皮環境が整えば、次第にしっかりとコシのある髪がよみがえるのを実感できるようになるはずです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓