通常の薄毛対策よりも効果が出やすい!抗がん剤で髪が抜けた後のケア


女性にとって髪は命とも言えるもの。

 

その髪の毛が一気に失わる…

 

それがガンとの闘いで用いられる、抗がん剤の副作用です。

 

髪が抜けるというのは分かっていても、実際に脱毛が起こるといたたまれない気持ちになって

 

深く傷ついてしまうと言われています。

 

しかし、はっきりとしているのは抗がん剤によって抜けた頭髪は、また生えてくるということ。

 

つらい治療を終えた今、もう一度女性としての自信を取り戻す日はもうすぐです!

 

新しくツヤツヤとした髪が生えてくる日を楽しみにしながら、ケアを続けていきませんか?

 

 

 

■抗がん剤で髪の毛が抜ける理由とは

 

抗がん剤はがん細胞の細胞分裂を止めるために使用される薬です。

 

その抗がん剤の副作用の1つに髪の毛の脱毛があります。

 

頭髪を作り出す毛母細胞は体の細胞の中でも早いサイクルで細胞分裂を繰り返しています。

 

このため抗がん剤に反応しやすく、その結果、頭髪が一気に抜け落ちてしまうのです。

 

一般的に、抗がん剤による治療を始め2〜3週間すると髪も抜け始めます。

 

人間の頭髪には毛周期(ヘアサイクル)があり、髪が伸び続ける成長期、抜ける準備を始める退行期、

 

新しく髪が生えるための準備をする休止期といったヘアサイクルを繰り返しています。

 

 

 

抗がん剤を使用すると、すべての頭髪が退行期に入ってしまい、抜け落ちていきます。

 

しかし、抗がん剤の使用が終わると、毛母細胞が再び分裂し始め髪が一斉に生えてくるのです。

 

治療が終わってから1〜2ヵ月で再生が始まり、3〜6ヵ月経つと健康な髪が生えると言われています。

 

 

 

■新しく生えてくる髪の特徴

 

新しく生えてくる毛の太さ、色、毛質などが治療前と異なることがあります。

 

もちろん、治療前と同じ髪質で生えてくる方もいます。

 

しかし、白髪が黒髪になった方もいれば、黒髪から白髪になったという方もいます。

 

直毛がクセ毛になってしまったり、クセ毛から直毛になったりと様々です。

 

細くコシのない髪にならないためにも、きちんとケアをしてあげることが大切です。

 

そこでおすすめなのが、育毛剤を使っての頭皮ケアです。

 

抗がん剤で破壊させた細胞を、正常に働く手助けをしてくれるのが育毛剤です。

 

乱れた毛周期を正常に戻し、発毛しやすい頭皮環境を作ることができます。

 

ダメージ知らずのコシのあるツヤツヤの髪を手に入れることも夢ではありません。

 

 

■脱毛した後のお手入れ

 

治療を始める前に髪を短くカットして、ウィッグを用意しておいたという方も多いと思います。

 

ウィッグは長時間かぶっていると、蒸れて頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

 

室内にいるときははずすようにするなど、清潔に保っておくとよいでしょう。

 

最近は帽子をかぶるとロングヘアーのように見える人工毛つきの帽子も売られているので、

 

上手に使い分けてオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

治療が終了して2か月程度経過し、頭皮にトラブルなどがないことを確かめたら

 

さっそく育毛剤を使った頭皮のケアを始めてみましょう。

 

毛髪は夜、寝ている間に成長ホルモンが分泌されることによって作られます。

 

就寝前にシャンプーをすませておけば、毛穴の汚れをスッキリと落とすことができるため、

 

育毛剤の効果も最大限に発揮させることができます。

 

育毛剤の中には天然成分を主成分にした無添加のものがあります。

 

治療後は頭皮がデリケートになっている可能性があるため、こうしたタイプを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

■抗がん剤治療後の髪を早く伸ばすには

 

治療後から育毛剤を使用しても効果を実感するには、個人差のありますが3〜6ヵ月と言われています。

 

育毛剤を使用したからといって、短期間で髪の長さが元に戻るわけではありません。

 

しかし、きちんとしたケアをしていれば確実に頭皮環境は良くなってきます。

 

焦らずゆっくりケアすることで毛周期を正常に戻し、抜けにくい髪を作っていくことが結果的に

 

髪を早く伸ばすということに繋がっていくので、楽しみにケアしていきましょう。

 

 

 

注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓