薄毛の改善する4つの大切なことを紹介!

女性にとっても薄毛は大きなテーマです。

 

特に年齢が高くなればなるほど、薄毛になってしまうのは男性と一緒です。

 

こちらでは薄毛にならないために女性がすべき4つのことをお教えします。

 

1つずつクリアしていきましょう。とても簡単なものもあるので、すぐに実行してもらえたら嬉しいです。

 

 

■頭皮の日焼けを防ぐこと

 

・帽子や日傘の利用を徹底する

 

女性が薄毛になってしまう原因として、頭皮の日焼けがあります。

 

強い紫外線の中に、長時間いると、髪の毛の分け目の部分から紫外線が入り込んで日焼けしてしまうことがあるのです。

 

顔や腕などは、UVカット対策をしますよね。

 

しかし、頭皮となると忘れてしまうケースが多いわけです。

 

頭皮が日焼けをしてしまうと、皮膚がやけどしたのと同じ状態になります。

 

やけどした皮膚の状態は悪くなるので、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。

 

脱毛時期を早めてしまう可能性もあり、特に秋口に大量脱毛してしまう原因になることもしばしばです。

 

主な対策方法は帽子や日傘を利用することです。

 

頭皮に紫外線が圧倒的に当たりにくくなりますよ。

 

 

■シャンプーのすすぎ残しに注意すること

 

・シャンプーが頭皮環境を悪くする

 

シャンプーが頭皮に残ってしまうと、そこから炎症が発生してしまったり、フケが出てしまったり、といったことも考えられます。

 

すすぎ残しがないように最大限注意して下さい。

 

対処法としては、シャンプーの2倍の時間すすぎを行う、といったことです。

 

面倒とは思わずに、すすぎに力を入れてくださいね、

 

 

■ストレスを溜め込まないようにすること

 

・ストレスが髪の毛を脆弱化させる

 

女性は特にストレスが溜まりやすい、といった傾向があります。

 

ストレスは、髪の毛にも非常に大きな影響を与えてしまいやすいのです。

 

ストレスで注意しておきたいのが、血管の収縮です。

 

ストレスには血管お収縮作用といったものがあり、髪の毛に栄養を送りにくくしてしまうのです。

 

その結果、髪の毛が細くなってしまったり、コシがなくなったり、といった状況になってしまいます。

 

 

■パーマやカラーリングに注意すること

 

・溶剤を頭皮に付けないこと

 

パーマ液やカラーリングの溶剤は頭皮にとっては刺激物です。

 

頭皮が炎症を起こしてしまうこともあるので、絶対に付けないように気をつけて下さい。

 

また、パーマについてかは身の毛を引っ張ることにもなるので、毛根にも悪い影響が出てきます。

 

最終的には脱毛しやすい状態になってしまうこともあるので、なるべくパーマは利用しないでくださいね。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓