薄毛になりたくない!コンディショナーは使うべきか

女性の多くが髪の毛を綺麗な状態にするために、コンディショナーを利用しています。

 

ツヤツヤになりますし、指通りも良くなりますよね。

 

しかし、使っていると髪の毛を痛めてしまう、といったイメージもあるのです。

 

こちらでは、薄毛に悩んでいる女性に向けて、コンディショナーを使ってはダメなのか、それとも平気なのか、といったことをお話します。

 

普段からコンディショナーを利用している方には必見のテーマです。

 

 

■間違った利用をしなければコンディショナーを使っても問題なし!

 

・コンディショナーは髪の状態を良くするもの

 

そもそもコンディショナーはなぜあると思いますか。

 

髪の毛は伸びてくると少しずつ弱ってくるわけです。

 

生えてきた直後は元気いっぱいであったとしても、刺激などにさらされることでボロボロになってしまいます。

 

そこでコンディショナーの出番となります。

 

コンディショナーは、髪の毛のコンディションを整えるために利用します。

 

髪の表面に皮膜を作ることでキューティクルを保護するわけです。

 

その結果、指通りが良くなります。

 

髪の毛を伸ばす女性にとっては必需品、といっても過言ではありません。

 

仮に指通りが悪ければ、クシで毛根を引っ張ってしまうことも考えられますよね。

 

それが薄毛を招くことも考えられます。

 

 

■正しいコンディショナーの利用方法、教えます

 

・頭皮には付けないこと

 

コンディショナーは髪の毛に利用するものです。頭皮につけても効果を発揮することはありません。

 

さらに注意して欲しいのが、コンディショナーは皮膜を作ってしまう、といったところです。

 

頭皮をコーティングしてしまうような感覚になる可能性もあります。

 

仮に皮膜を作ってコーティングしてしまえば、毛穴に皮脂が詰まってしまう可能性もあります。

 

その結果、頭皮ニキビが出来ることも考えられるのです。

 

頭皮につかないかが心配な方は、傷みやすい毛先だけにコンディショナーを利用してください。

 

・すぐに洗い流すこと

 

コンディショナーは時間をおかないといけない、といった認識を持っている方も多いです。

 

しかし、皮膜についてはすぐに作れます、ですから、1分も2分もそのままでいる必要はありません。

 

そもそも、毛の内部に浸透するものではないので、すぐに洗い流してもらって構わないのです。

 

コンディショナーをつけたら、10秒か20秒くらいで洗い流して構いませんよ。

 

髪の毛につけっぱなしにしている時間が短ければ短いほど、頭皮につくリスクも少なくなるものです。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓