女性は特に注意!牽引性脱毛症の症状・原因・対策

女性の薄毛原因を調べてみると、牽引性脱毛症にいくつくことが非常に多いのです。

 

実は、女性だからなりなりやすい、といったカラクリもあるんですよ。

 

こちらでは、牽引性脱毛症の症状となぜ起こるのか(原因)、そして対策方法を徹底解説します。

 

自身が原因性脱毛症なのではないか、といったことを疑っている方は要チェックです。

 

 

■牽引性脱毛症の症状とは?

 

・髪の毛が抜けやすくなる

 

脱毛量が増える、といったこともあるのですが、ちょっとした衝撃でも抜けてしまうのです。

 

たとえば、衣服を着替える時に髪の毛が抜けてしまったり、帽子を被ったら抜けてしまったり、ブラシやクシを利用したら抜けてしまう、といったこともあるのです。

 

ちょっとしたことでも髪の毛が抜けてしまうので、精神的に追いつめられてしまう方も少なくありません。

 

では、なぜそのような症状が出てしまうのでしょうか。

 

 

■牽引性脱毛症が起きてしまう原因

 

・髪の毛を結ぶによって毛根が引っ張られているから

 

男性であれば短髪な方も多いので、髪の毛を結ぶ、といったことを行っている方は限られます。

 

一方で女性は髪の毛が長く、結んでいるケースも有りますよね。

 

その時にきつく結んでしまっていませんか。

 

きつく結んでしまうと、髪の毛がおもいっきり引っ張られてしまうことになります。

 

そうなると、毛根に力が加わることになりますよね。

 

圧力が加わり続けると、毛根が耐え切れなくなって、脱毛してしまうのです。

 

「抜けたとしても、また生えてきたらいいんじゃないの?」

 

なんて思っている人もいるかもしれませんね。

 

しかし、髪の毛にずっと力が加えられ、毛根が刺激を受け続けてしまうと、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

 

毛根も弱ってしまいます。

 

毛は抜き続けると生えにくくなる、といった作用も持っているのです。

 

牽引性脱毛症が起こるような状況をずっと作り続けてしまえば、しまいには髪の毛が生えてこなくなる可能性も捨て切れません。

 

 

■牽引性脱毛症にならないためにはどうしたら良いのか?

 

・髪の毛を結ばない

 

ゴムを使うような機会を減らして下さい。

 

仕事上しなければならないケースは仕方ありませんが、仕事をしている時以外は、ゴムを外しておく、なんて対処方法もおすすめです。

 

どうしても髪の毛を縛りたいのであれば、縛る方向を変えてみるのもおすすめです。

 

毛根がいつも一方方向ばかりに引っ張られるような状態を変えましょう。

 

・ショートにしてみる

 

髪の毛にそれほどこだわっていないのであれば、ショートカットにするのもおすすめです。

 

髪の毛自体の重さも軽くなるので、毛根に与えられる影響は少なくなります。





注目の人気記事@今、実力のある女性用育毛剤を実際使ってみた使用感レビュー↓↓